スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の原因は食生活にあります。

葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)
(2009/12/16)
T・コリン・キャンベル、トーマス・M・キャンベル 他

商品詳細を見る
どのような物質が癌細胞を強力に増やすか詳しく書かれています。
医学的根拠に基づく情報が豊富に掲載されています。
今回紹介した本は全部良書ですが、
この本が一番おすすめです。
上巻だけでもどのような食生活をおくるべきかよくわかります。

便秘や体臭、さらには癌など色々な体の不具合で悩んでいる方には大勢います。
その原因は、あなたの食生活にあります。
肉・乳・卵はあなたの血液をドロドロにし、強力な毒素を出しつつ腸の働きを阻害します。
しかもこれらは強力にがん細胞を増殖させる危険な食品です。
日本人の2人に1人は癌になるので
人と同じ食生活では病気になるのは当然です。

「葬られた第二のマクガバン報告」には食生活に関する驚くべき事実が書いてあります。
このブログのリンクからも買えますが、迷った場合は図書館でリクエストして読んでみてください。
スポンサーサイト

放射能汚染から身を守るために

葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)
(2009/12/16)
T・コリン・キャンベル、トーマス・M・キャンベル 他

商品詳細を見る
どのような物質が癌細胞を強力に増やすか詳しく書かれています。
医学的根拠に基づく情報が豊富に掲載されています。
今回紹介した本は全部良書ですが、
この本が一番おすすめです。
上巻だけでもどのような食生活をおくるべきかよくわかります。

原発事故後から、放射線の影響を心配している方は多いと思います。
チェルノブイリの事故後に、
子どもが甲状腺がんを発症した主な原因は、牛乳にあったといわれます。

1kgの牛肉を作るために11kgの穀物が必要、と言われることからわかるように、
家畜は多くの穀物を食べ、そして体内で毒素を濃縮させています。
牛乳や卵、肉の中には家畜が食べたものに含まれる毒素が濃縮されています。
放射能に限らず、農薬・抗生物質など他の危険な物質も濃縮されています。
畜産物さえ食べるのをやめれば、大幅に毒素の摂取を防ぐことができます。
動物性食品を食べる場合は魚、そして牛乳をやめて豆乳等の植物性ミルクを使うようにすれば、
あらゆる健康被害から身を守ることができます。
危険な食品が多い中、何を選んで食べるかが非常に重要です。

肉・牛乳・卵をたべていれば癌などの恐ろしい病気になります。

世界中で有名な"葬られた「第二のマクガバン報告」"を読めば、
何を選べば健康を守れるかが分かります。
ぜひ図書館等でリクエストして読むか、購入して読んでみてください。
値段以上の価値があり、驚愕の事実が書いてある素晴らしい本です。
読まないと大変なことになりますよ。

「タンパク質はガンの成長を促進する」

葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)
(2009/12/16)
T・コリン・キャンベル、トーマス・M・キャンベル 他

商品詳細を見る
どのような物質が癌細胞を強力に増やすか詳しく書かれています。
医学的根拠に基づく情報が豊富に掲載されています。
今回紹介した本は全部良書ですが、
この本が一番おすすめです。
上巻だけでもどのような食生活をおくるべきかよくわかります。

 インドの研究者は、ネズミを二つのグループに分けて実験していた。一方にはガンを引き起こすアフラトキシンを投与し、そのあとタンパク質が総摂取カロリーの二〇%というエサが与えられた。この比率は欧米社会に住む成人たちの多くが摂取している量に近い。
 もう一方のグループにも同量のアフラトキシンが投与されたが、そのあとのエサはタンパク質の比率がわずか五%というものだった。
 二十%のタンパク質を与えられたネズミは、どれも皆、肝臓ガン形成の形跡があったが、五%のグループでは、すべてのネズミが肝臓ガンを免れていたという。
 なんと「一〇〇対〇」の結果だったのである。そのため、「適切な栄養摂取を続けていれば、非常に強力な発ガン物質さえ打ち負かせる」ということは疑う余地がなかったのだ。
 また、大量に摂取しても、ガンの形成・増殖を促進させないタイプのタンパク質も発見した。この安全なタンパク質とは、小麦や大豆など、植物性のものだった。
 「絶えずガンの発生・増殖を強力に促進させるものの存在」がわかったのである。それは「カゼイン」だった。これは牛乳のタンパク質の八七%を構成しているもので、ガンの形成・増殖のどの過程でも作用していたのである。
(以上 葬られた第二のマクガバン報告(上) より引用)

動物性タンパク質である「肉・卵・乳」を食生活から排除することが、健康を維持する上で最も重要です。魚は動物性タンパク質ですが、貴重な栄養摂取原であり、血液をサラサラにするなどの健康効果もあります。少量の魚を食べてあとはご飯、野菜、という食生活が一番現実的に可能であり、栄養も不足することがなく、理想的に思えます。

お金をかけずに健康を維持する方法。サプリメントやダイエット食品はいらない!

葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)葬られた「第二のマクガバン報告」(上巻)
(2009/12/16)
T・コリン・キャンベル、トーマス・M・キャンベル 他

商品詳細を見る
どのような物質が癌細胞を強力に増やすか詳しく書かれています。
医学的根拠に基づく情報が豊富に掲載されています。
今回紹介した本は全部良書ですが、
この本が一番おすすめです。
上巻だけでもどのような食生活をおくるべきかよくわかります。


新版 ぼくが肉を食べないわけ新版 ぼくが肉を食べないわけ
(1998/11)
ピーター コックス

商品詳細を見る
あなたが知らない食品の裏側がわかります。
これも是非おすすめしたい本ですが、在庫が無いかもしれません。
図書館で借りられますので、借りて読んでみてください。


病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
(2005/07/08)
新谷 弘実

商品詳細を見る
病気にならないためにどんな食生活をおくるべきかわかります。
上手くまとめられていて、とても読みやすいです。


・ここから上記の本の一部を引用し、紹介させていただきます。

 病気は食事などの生活習慣に由来するので、何をどう食べるかが非常に重要です。
 牛や豚や鶏の体温は人間よりも高い38.5~41.5度。こうした人間よりも高い体温の動物の脂は、その温度でもっとも安定した状態にあるため、体温の低い人間の体内に入るとベタッと固まり血液をドロドロにしてしまうのです。
 一方、魚は変温動物ですから、通常の状態であれば、人間よりはるかに低い体温をしています。そのためフライパンなどで脂を熱すると、溶けてサラサラの液体になるように、人間の体内でもサラサラの状態になります。
 ですから同じ動物性たんぱく質でも、「肉」で摂るよりも「魚」で摂った方が、人間の体にははるかに良いのです。
(上記 『病気にならない生き方』 から引用)

●炭火焼のステーキ一キログラムには六〇〇本のタバコに含まれているのと同量のベンゾピレン(強力な発ガン物質)が含まれる。

●ベジタリアンの免疫システムは肉食の人よりも強い。ある研究で、殺し屋の細胞(ガン細胞を芽のうちに摘み取る)が全く同数なのに、肉食の人の二倍の強さをもつことが示された。

●亜硝酸塩は肉製品に存在する。それは人体内で他の物質と化合し、ニトロソアミン(非常に強力な発ガン物質)を形成する。
(上記 『ぼくが肉を食べないわけ』 から引用)

上記の本を図書館で借りる場合は、下記の事項をメモの上、お近くの図書館のカウンターまでお持ちください。


題名『葬られた「第二のマクガバン報告」』
著者『 T・コリン・キャンベル』
出版社『グスコー出版』

題名『新版 ぼくが肉を食べないわけ』
著者『ピーター コックス』
出版社『築地書館』

題名『病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-』
著者『新谷 弘実』
出版社『サンマーク出版』


~ここから私見を述べます。

極力毒素を摂取しない為には、菜食の生活を送ることが理想的です。
しかし、それが難しい場合は肉料理ではなく魚料理を選べば良いのです。
魚を食べられるなら、外食もあきらめる必要がありません。実践するのはとても簡単です。
畜産品である肉、乳、卵は血液をドロドロにするばかりでなく薬まみれになっています。
お金を払ってまで毒を食べる必要はありません。
私は魚を食べていますが、肉、乳、卵は食べません。
これらの食品を食べないからか、軽い風邪を除いてほぼ病気になったことがありません。
魚以外の動物性食品をやめることで、医療費の節約になります。
肉のかわりに魚を食べれば、毎日お腹いっぱい食事をとっても、全く太ることはありません。
魚を食べていれば栄養が不足する心配も全く無いため、
サプリメントや健康食品など特別なものを買わなくても健康を維持できます。
あなたもぜひ、今日から“魚菜食”の生活を実践してください。
プロフィール

ghope

Author:ghope
健康に役立つ情報を紹介します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。